インディゴチルドレンは結婚に消極的?積極的になるためのヒント

インディゴチルドレンの特徴を把握~結婚への考え方がこれでわかる~

インディゴチルドレンだと自覚するタイミングはいつ?

多くのインディゴチルドレンが、自分が使命を持って産まれた存在だと自覚するのは、20代後半を超えてからだと言われています。社会に出て様々な価値観を学び、インディゴチルドレンという言葉を聞いた時に自覚が芽生えることも多いです。また、幼少期にはスピリチュアルな分野に触れる機会も少ないため、気づきにくいとされています。

インディゴチルドレンに共通する特徴ランキング

no.1

高い共感力を持つ

相手との親密度に関わらず、思っていることを敏感に感じ取ったり、悲しみや痛みを相手と同等の大きさで理解することが出来ます。共感力の高さは多くのインディゴチルドレンが自覚しており、その他の感受性も豊かです。

no.2

違和感を持つ場面が多い

古い常識を覆し、新しい自由な発想でポジティブな波動を作り出すという使命を持っているインディゴチルドレンは、日常生活でも違和感を感じる場面が多いです。年功序列などの偏った価値観を目にすると、馴染めないだけでなく反感を覚えることもあります。

no.3

恋愛や結婚に消極的

自分がインディゴチルドレンだと自覚出来ないまま生活をしている人はたくさん存在し、その分人との関わりに悩みを持つケースも多いです。傷つくことを恐れて友人関係だけでなく、恋愛や結婚に消極的な意思を見せることは少なくありません。

no.4

飽き性な傾向がある

興味を持てる事柄に対しては、実力以上の力を発揮出来たり、輝きを持って向き合うことが出来るのですが、自分にとって不必要で興味がないと感じると、途端に冷めた素ぶりを見せることも特徴的です。これにより、飽き性で気分屋だと周りから見られることもあります。

no.5

人混みが苦手

インディゴチルドレンは、対人関係だけでなく、人が多く集まる場所が苦手だと感じます。相手との親密度に関わらず、知らず知らずの内に高い共感力を発揮してしまうため、たくさんの人の感情を一度に読み取り、疲れてしまうことが原因です。

インディゴチルドレンは結婚に消極的?積極的になるためのヒント

女性

インディゴチルドレンにとって結婚は邪魔なもの?

結婚を望まないインディゴチルドレンは多いですが、決して邪魔なものではありません。結婚を経験した多くのインディゴチルドレンは、後悔することもなく、以前よりも対人関係にポジティブな印象を持っています。使命を全うするために特徴のある性格を抱えていることから、生きにくさを感じてきた人も、相性の良い相手と生活を送ることで前向きになれたり、結婚によって使命を果たしやすい環境に変わることもあるのです。過去の経験から消極的になりがちですが、相手との相性によっては、インディゴチルドレンと自覚して生きられるきっかけとなる場合もあります。

結婚することで得られるもの

まず、相性の良い相手と多くの時間を共にすることによって、失われていたエネルギーや使命感を取り戻すことが出来ます。社会生活に馴染めずにストレスを抱えた心や、自分らしく振る舞えない違和感を浄化し、インディゴチルドレンとしての力を強く発揮出来るようになるのです。また、自分の価値観や特性を理解してくれる人が側にいることで、使命を果たすための方法を実行に移しやすくなります。1人では出来ないことも、結婚により実現出来る可能性が高まるでしょう。エネルギーを消費しやすい特徴が見られやすいため、安心して休める環境を持てることも大切なポイントです。

結婚と使命の深いつながり

地球にポジティブな波動を増やすためには、自分の心がポジティブでなければなりません。相性の良い相手と生活を送ることで、前向きな波動を自ら増やすことが出来るのです。また、大切に思う人がいることにより、今までよりも強く使命感を自覚する人も多いです。地球に存在するのは、特別な才能を使うインディゴチルドレンだけではありません。相手に強く共感し、心に寄り添うといった特徴を活かした優しさで使命を果たす人もたくさんいます。結婚をすることで、それらの特徴を上手く活かせたり、自分らしい実行の仕方を発見することも可能です。

結婚を通してさらなる成長が期待できる

自分らしく振る舞えないことがストレスになり、自由すぎる価値観を持ったインディゴチルドレンが他人と結婚をして生活を送ることは、容易なことではありません。ですが、結婚を通して学んだことを活かして生きていくことで、使命を果たす喜びも大きく感じることが出来ます。